介護職員初任者研修とヘルパー2級の違い。

介護職員初任者研修とヘルパー2級の資格を取得するときに大きく変更になったのが、実習時間の廃止です。

スクールにもよりますが、以前は実習で施設に行き、数日間に及びデイサービスの体験や、施設内の各階での実習なのどと大変時間をとっていました。

現在の資格取得には、実技スクーリングの時間が増加して、より技術の向上につとめた内容となっています。

以前に実際に実習をして良かったところは、実際現場での臨機応変な対応を見ることができて自信につながったと感じるころもあるので、スクールによっては必要に応じて実習も行っているところもあるり経験してみるのもプラスになると思います。

介護職員初任者研修とヘルパー2級で、もう一つの大きな違いは資格の取得方法です。

以前はヘルパー2級のスクールを受講が終了すると、必ず資格がもらえていました。

前回とは違い今回は、スクールを終了後に終了試験を行いそれに合格しなければ資格がもらえなくなりました。

以前は誰でも取得することができましたが、技術はもちろん知識もしっかりと学ばないと合格できないので、資格の重要度が上がってきていると考えられます。

今後もスキルアップの為に、介護福祉士やケアマネージャーの資格を取得する人は、介護職の最初の試験になるので良い経験になると考えられます。

Leave a Reply